デジタルカメラ

デジタルカメラとは、昔からあるアナログ方式、つまりフィルムにより画像を記録するフィルムカメラに変わり、デジタル信号を映像化させて、メディアに記録するタイプのデジタル方式のカメラのことで、フィルムと違い、何度でも撮り直しが効くのが最大のポイントである。最近では、高性能な撮像素子を内蔵し、2000万画素を超すような機種もリリースされ、フィルムカメラとほとんど変わらぬ画質を、出せるようになった。
 
 A4やA3に引き伸ばしても、あまり高感度な撮影でない限り、デジタル特有のざらつきは目立たなくなってきている。ともあれ、職業写真家でもない限り、そこまで画質を気にすることはない。
 
 又、パソコンを使って、簡単に画像修整が出来るのも、デジタルのメリットである。写真を撮るうえで、露出やホワイトバランスが重要になってくるが、ある程度であれば、撮影後であっても、補正出来るのも、デジタルカメラの良いところである。(補正出来ると言っても、限度があるので、撮影前に設定することにこしたことはない)
  
 要するにデジタルカメラは、素晴らしく便利だということです。

 
 [撮像素子のフォーマット]

 銀塩フィルムに、35mmとか、中判のロールフィルム、大判のシートフィルムなどいろいろなサイズがあるように、デジタルにも同じようにいろいろなサイズがあります。
デジタルで主流となっているのは、APS-C(24×16mm)と呼ばれる撮像素子でこれは35mm判用フィルムの約1.6倍相当の画角を持つサイズになります。
 
 そのほか35mm相当のフルサイズ(36×24mm)、APS−H(28.1×18.7)、フルサイズの約2倍の画角のフォーサーズ(17.3×13.0)などがあり、それぞれ、一長一短あるので、自分が一番撮る被写体にあわせて、機種選びをすると良いでしょう。

               

               この撮像素子の大きさを、フォーマットと呼びます。




 [ファイルサイズについて]

 撮影した画像ファイルのサイズはいつも一定ではありません。この前200枚撮れたのに今日は150枚しか撮れない何てことがよくあります。

 風景の様な高精細な画像の場合、被写界深度が深く、画面全体にピントが合っているので、より精密な色彩処理が必要になるため必然的に、保存容量が大きくなります。
 逆にポートレート撮影など、単一の被写体にピントを合わせ、バックを大きくぼかすような、被写界深度の浅い、画像は、被写体だけを、描写すれば良いので、容量がグンと減ります。
 この事を頭に入れて撮影すると、保存容量の加減が出来ます。(多少ですが。)

  
 [プログラムAE]

 設定されたISO感度に対応した、絞り数値とシャッタースピードを、カメラが自動で、最適な組み合わせを、選択してくれるモードで、シャッターチャンスがいつ来るか分からないような時、とても、助かる、カメラお任せのモードです。


 [シャッター優先AE]

シャッタースピードを好みの、値にセットしておけば、絞り数値を設定されたシャッタースピードに応じた、露出でカメラが組み合わせを決定してくれるモードです。
 
 屋内など、光量の少ない所で高速なシャッタースピードを選択した場合、画像が極端に暗くなることがあるので、その場合は、ISO感度を上げるか、露出を+側にするなど、補正が必要になってきます。


 [絞り優先AE]

 絞り数値を任意に設定すれば、それに合わせた明るさで、カメラが自動で、シャッタースピードを選択してくれるモードです。シャッタースピードよりも、露出を優先する時によく使うモードです。
 
 又、絞り数値を自由に設定出来るので、背景をぼかしたい時など絞りを少しずつ開けていき、好みの写真が撮れます。
 
 
 [フルオート]


もじどおり、適正露出に合わせて、シャッタースピードや絞り数値はもちろん、AFモードや、AFフレーム、ストロボ発光なども、カメラが自動で最適な組み合わせを選択してくれます。

 ただし、水族館やスポーツ観戦など、ストロボ撮影禁止の場所では、選択出来ません。
 最近のコンパクトカメラでは、ストロボ非発光の暗い場所での撮影が出来るモードがある機種が
あるようです。

 個人的な意見として、デジタルカメラの場合、何度でも撮り直しが効くので、[優先AE]を選択して自分なりの、スタイルで撮影すると、もっとカメラが面白くなると思います。
 

 [ISO感度]

 
ISO感度というのは、カメラが明るさを感じる度合いのことで、数値が上がるほど、高感度になります。撮影場所が暗い時など、感度を上げて撮影すると、シャッタースピードが速くなり、手ぶれを防ぐことが出来ます。しかし、あまり感度を上げすぎると、画質がざらつき、画像にノイズが発生してきます。画質を確認しながら、感度を選択すると良いでしょう。


 [フルサイズのボケ効果が大きくなる理由]

 
まず、フルサイズ機だからボケが大きくなるというのは間違いで、例えば、フルサイズとAPS-C両機を使って、同じレンズで、同じ位置から、同一の被写体を全く同じ焦点距離で、撮影した場合、ボケは大きくならないのです。
 どういう事かというと、現在一般的に普及している撮像素子を使ったAPS-Cサイズ機は、
フルサイズ機の画像を一部切り取った、サイズだという事です。もっと言うと、フルサイズ36mm×24mmの画像から、キャノンの40Dなら22.2mm×14.8mmニコンのD300なら、23.6mm×15.8mmを切り抜いたという事。なので、ボケ効果としては、同じなのです。
 ならどうして、同じ大きさの写真だと、フルサイズの背景の方が、良くボケているかと言うと
両機を使って、同じ大きさで、写真を仕上げようと思うと、フルサイズ機よりも、APS-Cサイズ機の方が、より被写体から離れなければ、同じ大きさの写真に仕上がりません。この事から、フルサイズ機で撮影する場合、被写体に近づく事になります。被写体に近づけばそれだけ背景がボケるので、フルサイズの方がボケが大きくなると、勘違いしてしまうのです。
 ですが、フルサイズ機の方が、よりボケに有利だという事は、間違いありません。
 結論的には、フルサイズだから、という事ではない、という事です。


  [デジタル1眼レフカメラの上位と下位の違い]

よく耳にするプロ機、これは、性能、耐久性、プロポーション、材質、どれをとっても、上位モデルにふさわしい、現在考えられる最高級の仕上がりをめざした、もじどおりプロ仕様の機種で、価格もそれ相応の価格になっています。
 次に中級機、これは、各メーカー、1番、力を入れるところでしょう、このクラスのカメラを手にするニーズは、1眼レフ中級者に留まらず、上級者又はプロカメラマンも意識する。
 カメラ本体のスペックを見ても、上位機種とこれと言って差があるわけでもない。むしろ、余分な機能がない分、軽量で扱い易い。何よりも安価だ。長くカメラをやるなら、このクラスのカメラを持つのが、無難なところでしょう。
 とは言うものの、初級クラスの1眼レフカメラの価格と、中級クラス以上の機種の価格では、2倍以上も違ってくる事が多い。スペックそのものは、多少機能面で劣っていたり、撮像素子に、差があったりはするものの、画質が極端に劣るわけでもないし、性能が悪いわけでもない。
 ならば、上位機種と何が違うのか、それは、「タフ」だという事。
シャッターの耐久回数であったり、ボディーの構造、各部にシーリングが施されていたり、少々手荒な扱いをしても、性能が落ちることなく、安心して写真撮影が出来るよう、丈夫に作られている。
 この信頼性と耐久性がそのまま価格に反映されているという事になります。
 プロと違って、普通は、必ず撮らなければならない状況に立たされることは、まずないと言ってもいいので、そこまでの「タフ」さを、求める必要はないでしょう。それよりも、そこそこの値段で、上位機種並みのスペックのカメラを、自分が1番出会うシチュエーションに合わせてチョイスした方が、楽しく写真が撮れるはずです。


  [手ぶれ補正=ぶれないではない]

 初心者がよく勘違いしがちな事に、この手ぶれ補正に関しての事があるのではないでしょうか。
 手ぶれ補正には、電子式、機械式、があり、機械式のなかにもレンズ内補正とボディー内補正があります。レンズ内補正というのは、カメラ本体ではなく交換レンズ側に補正機能を持たせるもので、キャノンやニコンの1眼レフカメラ交換レンズに多く採用されています。変わってボディー内補正と言うのは、カメラ本体に手ぶれ補正機能が付いているので、補正機能付きのボディーを購入したら、そのカメラに対応したレンズならば、手ぶれが補正出来るという事になります。補正効果はどちらが良いという事はありません。ただし、補正効果を、肉眼で確認しながら撮影出来るのは、レンズ内補正方式の方で、手ぶれ補正付きレンズを、カメラに装着しシャッターを半押しすると、今まで小刻みに揺れていたファインダー内の画像が、止まって見えるようになります。
 一方、ボディー内補正ですが、この方式の場合、カメラ本体の撮像素子そのものを、上下左右に動かして、補正しているため、その効果を肉眼で確認する事は出来ません。
 勘違いしないでほしいのは、どちらの方式も、手ぶれを完璧になくすと言うものではないと言う事です。あくまで、補正してくれる機能で、シャッタースピードが遅くなれば、その分手ぶれが起きやすくなる事に変わりはありません。夜、暗い場所での撮影や、風景写真など、極端に、シャッタースピードを遅くして撮影したい時などは、三脚や一脚の使用が必要になってきます。


  [ダイナミックレンジとは]

ダイナミックレンジと言うのは(白飛び)や(黒つぶれ)を起こさず、ハイライトからシャドウまでを、どれだけ再現できるかという諧調描写性能域の事で、一昔前までは、高画素不利とされてきました。それは、1画素当たりが光を受けとる面積が大きいほど有利だからです。同じ画素数のカメラなら、撮像素子サイズの大きい方、同じ撮像素子サイズなら、低画素の方が有利と言う事になります。
 ですが、最近ではこれに当てはまりません。最新技術により高画素でありながらも、ダイナミックレンジを確保しています。ダイナミックレンジを確保するという事は、デジタル1眼レフではとても重要な要素だと考えられています。